きなこのブログ

大失業時代が到来しています。大失業の恐ろしさを歴史から学ばなければならない。『大失業は戦争への道につながっている』

強欲ババア小池百合子の腹黒さ

安倍晋三もそうだが、小池百合子売国奴っぷりも、今に始まった訳ではない。


小泉と同じく「アメリカのほうを向いて、アメリカの為に政治をする」ってスタイルだけで世渡りをして来た。

安倍内閣が末期を迎えた今、次の組閣にも残留したいからと、恥も外聞もない売国奴っぷりを全開にした。


要するに、日本の御主人様であるアメリカにセッセとオベンチャラを使い、アメリカの後押しでまた大臣に残留しようっていう腹だ。


ここ1週間の小池百合子のなりふりかまわない自己中な言動や行動には、もはや開いた口がふさがらない。

小池百合子売国奴っぷりと言えば、小泉内閣時代に環境大臣だった時、沖縄にアメリカ軍の殺人基地を作らせるために、ジュゴンを「国内希少野生動植物」に指定しないように薄汚い根回しをしたり、沖縄担当大臣になってからは、沖縄の人たちの思いを代弁する沖縄のマスコミに対して、「沖縄のマスコミは超理想主義。理想は高いが現実と遊離している。反米、反イスラエルで、それ以外は出てこない」と、2時間にも渡って侮辱し続けたりしたことでもお馴染だ。

とにかく、アメリカにゴマスリをすることしか考えていない。

そして、アメリカ政府のロバート・ジョセフ核不拡散問題担当特使による「原爆の使用が終戦をもたらし、何百万人もの日本人の命を救った」って言うトンデモ発言に対しては、原爆を落とされた側の国の防衛大臣として、激怒して抗議するのがスジなのに、こともあろうに、「ジョセフ氏は以前から同様の発言をしてるから別に目新しさはない」って抜かして、このトンデモ発言を容認したのだ。

もはや安倍と同じか、それ以上の頭パーだ。

要するに、小池百合子は、原爆投下を「しょうがない」って言ったバカ久間と同レベルの認識しか持ってない。


だからこそ、アメリカの為に、アメリカの戦争を手助けする為だけに、この国の環境や自然を破壊して、日本国民の生活を破壊し続けて、アメリカ様の基地をせっせと造っている訳だ。

その最たるものが、今回、「テロ特措法」の延長に反対した野党に対する「トンチンカンな反論」と、沖縄の辺野古に関するいい加減なアセス法の方法書の「一方的な送りつけ」だ。

もはや一日も早く、安倍晋三と一緒に消えてもらいたい。


民主党小沢一郎は、アメリカの戦争に加担することは反対だ」って理由から「テロ特措法」の延長に反対してる。


これは、「国連加盟国として、国連の決議で始めた戦争ならともかく、国連を無視してアメリカとイギリスだけが勝手に始めたイラク戦争なんかに協力できない」って意味だ。


極めてもっともな意見だ。

この小沢一郎の見解に対して、小池百合子は、「小沢さんがおっしゃってるのは、たしか湾岸戦争のころのことで、カレンダーが止まってるんじゃないんですか?」っていう頭パーな侮辱発言をした。


それも、訪米中のワシントンから、アメリカの立場で、アメリカ側の言い分をノタマッてんだから、いったいどこの国の大臣なのか理解できない。

国連の決議をベースにして、アメリカが主導権を握って始めたのが湾岸戦争なのに対して、イラク戦争のほうは、アメリカとイギリスが勇み足っぽく始めた戦争で、ほとんどの国連加盟国は攻撃に反対してた。

つまり、小沢一郎の言ってることは、事実に基づいた当たり前の発言な訳で、小池百合子の反論は、事実を無視した「結論ありきの発言」て訳だ。

もちろん、その「結論」てのは、何が何でもアメリカに気に入ってもらうことだ。

だからこそ、小池百合子は、防衛大臣として何よりも重要な「国防部会」をスッポカシてまで、アメリカにオベンチャラするために訪米した訳で、これこそが、アメリカの力を利用して、次の内閣でもアメリカの後押しで大臣の椅子を手に入れようとしている強欲ババアの腹黒さだ。


「テロ特措法」に関しては、読売新聞や産経新聞を始めとした自民党の広報紙が、支離滅裂な社説や記事で、せっせと小沢一郎を攻撃しているが、世界中のほとんどの国がアメリカのイラク侵略戦争から手を引いた今、それでも日本だけが、いまだにアメリカの人殺しの手伝いを続けている事が、どれほど愚かな事なのか、どれほど世界から孤立することになるのか、微塵も分かっていない様だ。

このままだと、すでに終わってる安倍晋三の泥舟に乗って、自民党の愉快な仲間達と一緒に、日本まで沈没してしまう。