きなこのブログ

大失業時代が到来しています。大失業の恐ろしさを歴史から学ばなければならない。『大失業は戦争への道につながっている』

公明党の創価学会への上納金と献金システム

16日午後の参院予算委員会で、民主党の石井一副代表が公明党とその支持母体の創価学会への批判を展開。

 

同党の冬柴鉄三国土交通相が色をなして反論する一幕があった。

石井氏は、公明党には国会議員が党本部を通じて創価学会に納める「上納金」と、国会議員から学会の池田大作名誉会長への「P(プレジデント)献金があると追及。


さらに党役員人事の決定過程も不透明と指摘し、「あらゆる面で不可解」と批判した。

これに対し、冬柴氏は「上納金」について「(選挙の際に)公認料は党に出している」としながらも、学会への上納は否定。

 

「P献金の存在も認めなかった。


石井氏が「閣僚席に座っているのだから、その言葉は重い」と畳み掛けると、冬柴氏も「(P献金などが)ないということになれば、あなたも議員を辞めるか」と反撃。


両氏のバトルはエスカレートし、石井氏は池田氏参考人招致文部科学省による実態調査を求めた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000111-jij-pol

カルト教団、ナンミョー創価学会と、その手先となってこの国を乗っ取ろうとしてるナンミョー公明党は、もはや、人格破綻者の集まりでしかない。

そして、民主党の石井副代表は「P献金て言っていたが、正しくは「P」を丸で囲んでいるからマルピー献金て呼ばれてる
池田大作への上納金システム」によって、ナンミョー公明党の議員が全員、1人30万円ずつ上納してる。

で、その30万円はどこから出ているのかと言えば、それは国民の税金から給料を貰っている議員なのだから、税金って訳で、アメリカの戦艦にタダで燃料を入れてやるよりも、もっとムカツク。

国民の税金から莫大な給料や予算をもらってる国会議員が、「国民のため」じゃなく、一部のカルト教団の信者と代表のため」だけに、上納金を行なってるってのは、どう考えたって絶対に許されない。

世界中の誰が見ても、ナンミョー創価学会と、ナンミョー公明党は表裏一体だ。

 

どうして誰も政教分離の原則に違反してる」って言わないのだろう。

自民党を支持することは、つまり、ナンミョー公明党を支持することで、結果、自分の納めている税金が、ブタ野郎、池田大作のフトコロに転がり込んでいることになる。

【前代未聞の売国奴、小泉は、この国の、“国民の最後の財産”である郵貯簡保の350兆円をアメリカへ上納するために、なりふりかまわずナンミョー公明党なんかと手を組み、上納金システム「郵政民営化」を実施した。】

【2007年10月09日・アメリカへの完璧な上納金システムも参照】

今回、民主党の石井副代表がナンミョー公明党の腐れ外道に鋭いツッコミを入れられたのは、元ナンミョー公明党福本潤一参議院議員が、あちこちでナンミョー公明党内部の極秘事項をしゃべりまくってくれているからだ。

この福本潤一議員ってのは、ナンミョー公明党参議院議員だったのだから、当然、ナンミョー創価学会信者でもあった。

で、去年の4月に、ナンミョー公明党冬柴幹事長と神崎元代表に呼ばれて、ナンミョー公明党公認を取り消された。


何故かと言うと、去年の1月に、福本潤一議員の元政策秘書がガンで亡くなった時に、ご遺族の希望で、日蓮正宗のお寺でお葬式をしたからだ。

ナンミョー創価学会と言えば、日蓮正宗を追われた裏切り者が勝手に作ったインチキ宗教だから、正真正銘の本物の日蓮正宗に対して、異常なまでのライバル心を燃やしている。

この時、ナンミョー公明党の執行部は、「ナンミョー公明党の関係者が、日蓮正宗の寺で葬儀を行なうとは大問題だ! すぐに変更しろ!」って言って迫ったそうだ。


しかし、何よりも大切なのは、ご遺族のお気持ちな訳で、この元政策秘書のご遺族はマトモな人たちだったから、そのゴリ押しに逆らって、由緒ある日蓮正宗のお寺で普通のお葬式をした。

そうしたら、それを理由に、ナンミョー公明党は、福本潤一議員の公認を取り消したのだ。


それで、こんなんじゃやってられない!って思った福本潤一議員は、ナンミョー公明党を離党して、無所属になった。

そして、このキチガイじみたナンミョー公明党の「政教一致」の構図をあちこちの週刊誌などに話し始めた訳だ。

勇気ある福本潤一議員や民主党の石井副代表に拍手を送る。


そして、厚顔無恥冬柴鉄三北側一雄、そして、党本部で毎朝8時から勤行会を強行してる恥知らずの太田昭宏に引導を渡すためにも、1日も早く、池田大作証人喚問を実現して欲しいと思う。

あの醜い化け物のようなツラを全国に生中継して、国民の税金で私腹を肥やし続けて来た事実を白日の下に晒し、こんなカルト教団など、一刻も早く宗教法人の取り消し措置をして欲しいと思う。

福本潤一ホームページ」
http://homepage3.nifty.com/~fukumoto/