きなこのブログ

大失業時代が到来しています。大失業の恐ろしさを歴史から学ばなければならない。『大失業は戦争への道につながっている』

【街宣】山本太郎と桜を見る会 福岡県・博多! 2022年5月6日 ~改憲で独裁国家誕生か~

 

 

 

 

 

 

今年ほど日本の隷属が身にしみる憲法記念日はありませんでした。

 

急かされるように憲法審査会で国民投票法改正案が審議入りし、このままではCM規制やインターネット広告、運動資金の規制もないまま本当に改憲勢力の意向通り憲法改正になだれ込む危険が具体化しています。

 

戦争を望む連中の奴隷頭のような日本政府と売国議員によって憲法が破壊されそうです。

 

 

アメリカに対露の捨て石にされているウクライナの者が、日本も一緒に捨て石になろうとけしかけて日本国憲法にケチをつけるなど、屈辱的な内政干渉を非難もなく堂々とメディアが報じる。

 

 

各地の護憲集会でウクライナ支援ののぼり旗を立てる善良な人々は、ウクライナ人がロシア系住民に非道なリンチを日常的に行なっていることを本当に知らないのか。

 

日本人が気の毒だと思っているウクライナ人から、私たちがバカにされていることに気づかないのか。


れいわ新選組山本太郎代表のコメントにあるように、憲法改正「本命は緊急事態条項。あとはダミー」

 

20年以上も日本を意図的に破壊し続けてきた者に、事実上の全権委任を許す緊急事態条項の創設は絶対にさせてはいけないと強く訴えています。

 

日本国民など眼中にない「傀儡政府」の独裁政治が完成します。


今一度、日本国憲法の前文を読むと、とても外国に押し付けられた憲法とは言えない。

 

 

 

 

 

先人たちがやっと掴んだ国民主権を、後の世の私たちに守り抜きなさいと強く訴え、天に向かって誓っています。

 

 

「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないように〜この憲法を確定する」。

「正当に選挙された」

国民の代表によって国政を行い、その福利は、海外の輩や国内の売国奴ではなく日本国民が受け取ると定め、

「これに反する一切の憲法、法令、詔勅を排除する」

と記されています。

 

この痛烈な意志を、ヤクザのような審議で覆してはならない。

 

日本が世界から尊敬されてきたのは「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」と宣言していたからです。

 

憲法を改正してはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022.05.03憲法記念日の今日、有明憲法集会にれいわ新選組を代表してスピーチを依頼され準備万端会場に向かったのですが、受付でまさかの「あなたでは登壇できません」

楽しみにしてくださっていた皆さんに、真相を緊急報告いたします。

 

よだかれん新宿区議会議員 れいわ新選組参議院東京都総支部

https://twitter.com/karenshinjyuku

 

 

憲法集会を開催する側が国会議員かどうかで登壇者を選別するっていう時点で、どんな主催者なんだと感じます。

労働貴族ならぬ護憲遺族か。

 

 

「国会では数で押し切られる、国民投票で勝つしかない、そのために覚悟を決めよう!」