きなこのブログ

大失業時代が到来しています。大失業の恐ろしさを歴史から学ばなければならない。『大失業は戦争への道につながっている』

【おしゃべり会】れいわ新選組代表山本太郎 兵庫県•姫路 2022年9月18日

 

みんなのおかん

ひめじのおかん

やはたおかん

やはたおかんでございます

 

 

 

 

 

 

やはたオカン れいわ新選組 兵庫県 姫路市議会議員選挙(2023年 統一地方選)公認候補予定者

https://twitter.com/reiwanookan

 

 

 

やはた愛 れいわ新選組 統一地方選選対副本部長

https://twitter.com/aiainstein

 

やはた家!(やはた愛事務所)

https://twitter.com/ushimituiiniku

 

 

メッキ剥がれてボロボロ岸田内閣
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2022/09/post-41b584.html

9月9日~12日に時事通信社が実施した世論調査結果が公表された。

岸田内閣の支持率は前月比12.0%ポイント減の32.3%。

不支持率は同11.5%ポイント増の40.0%で初めて不支持率が支持率を上回った。

安倍晋三元首相の国葬については、「反対」が51.9%で、「賛成」の25.3%の2倍に達した。

「反対」は過半数を超えている。

岸田首相の統一協会問題への対応については、「評価しない」が62.7%で、「評価する」の12.4%の5倍を上回った。

岸田首相や議員の説明に関しても、「納得できない」が74.2%、「納得できる」が5.5%を圧倒的に凌駕した。

内閣不支持の理由(複数回答)としては、「期待が持てない」23.7%、「リーダーシップがない」15.7%、「政策がだめ」14.6%が上位になった

「幸運」という岸田内閣のメッキが剥がれ、地金がむき出しになった。

世論調査支持率急落は地金の評価を示している。

当初の内閣支持率が高かったのは幸運による。

前任者、前々任者の傲岸不遜ぶりが際立っていたので、普通に人の話に耳を傾け、丁寧な説明ぶりを示すだけで支持率が上昇した。

コロナ感染が政権発足と同時に急減少した。

ウクライナ戦乱が発生して米国に追随してロシア非難を示すことを御用メディアが礼賛した。

何よりも大きかったのは野党が自滅したこと。

野党の自滅に変化は生じていないが、「幸運」のメッキが剥がれた岸田内閣は哀れなものだ。

コロナは無為無策を続けている。

第6波が収束した時点でコロナの指定区分を見直すべきだった。

国民の負担増を回避するために公費負担を継続した上で、それ以外の対応を第5類相当に変更するべきだった。

何もしないうちに第7波が襲来して大混乱を招いた。

米国も同じだが、ワクチン接種に特殊な意味を持たせることに合理性がない。

ワクチン接種していても未接種者と同じように感染する。

ワクチン接種が重篤化を防ぐことについての説得力のある科学的証明も存在しない。

むしろ、ワクチン接種が重大な害悪をもたらしている疑いが濃厚だ。

旅行への利益供与政策の条件として、「ワクチン3回接種証明または陰性証明の提示」を求めているが反知性主義の象徴。

合理的な対応は全員に陰性証明提示を求めるか、制度そのものの廃止。

入国の際の条件にもワクチン3回接種を求めているが、ワクチン3回接種に科学的な意味がない。

日本政府は8.8億回分のワクチン購入契約を締結しており、巨額の損失発生を免れない。

巨額損失を避けるためにワクチン狂騒曲がなお展開され続けている。

人はいずれ死ぬ。

死んだ人がコロナ陽性であると「コロナ死」としてカウントされている。

死んだ人が風邪を引いていたら「風邪死」が激増する。

風邪を引いた人数を数えても意味がない。

炎天下の屋外でマスクを着用する意味は皆無。

弊害しかない。

しかし、岸田内閣は科学的根拠のない行動を変えることができない。

岸田内閣は合理的行動の規範とならず、反知性主義の規範となっている。

円安、インフレ、賃金減少にも何も対応しない。

国会召集が要求されても、憲法を無視して国会を召集しない。

「法律による行政の原理」を無視して、法的根拠のない国葬実施を強行し、国会の議決を経ずに巨額の国費=血税国葬に注ぎ込む。

思想及び良心の自由を侵害し、敬意と弔意の表明を国民に強要する。

主権者である国民からNOを突き付けられて当然だ。

岸田首相は内閣総辞職に追い込まれるか、破れかぶれ衆院総選挙に突き進むことになるだろう。