きなこのブログ

大失業時代が到来しています。大失業の恐ろしさを歴史から学ばなければならない。『大失業は戦争への道につながっている』

茶番政治資金規正法改正を大石あきこがぶった切る!

 

またお前か!ですみません。

裏金問題・政治資金規正法改正どないする?

がテーマなので、そら無双するしかないやろ、ってことで大石行っきまーす🚀

 

 

与野党に問う 政治資金規正法改正は_与党案は】

 

先日、また新たなスクープが出たじゃないですか。

 

安倍さんが、安倍総理、総理の時代に内閣官房機密費で、公金で、自民の選挙に裏金をぶっこんだという、この証言が出て、これってこの与党の改革案とか、ぶっ飛ぶ話ではないんでしょうかね?

 

これの真相の説明なしに、次に行けないんじゃないんでしょうか?

 

 

 

 

で、もう一点。

 

自民党に是非伺いたいんですけど。

 

私、4月12日に国会の中で、内閣委員会の中で、質疑でこう言ったんですね。

 

自民党はサッサと解党してください、党を解散してください」って言ったんですよ。

 

で、この発言を自民党「問題発言や」と問題視しまして、それで4月26日の、それこそこのテーマですよ、政治改革特別委員会のスタートの場に、「れいわは発言の機会はもうないんだ」ということを自民党が決めて、で、それを野党筆頭から聞かされたんですけど、これありえないと思うんですけど、ぜひ説明してください。

 

どういう事ですか?

 

 

与野党に問う 政治資金規正法改正は_再発防止“連座制”は】

 

もう、自民党の力を削ぎたいんじゃないかー!」とかね、いかに反省してないかっていう話なんですよ。

 

これ力、削がなきゃいけないんですよ。

 

だってその力の源泉、なんですか? 

 

汚い金だったわけじゃないですか。

 

裏金だったわけじゃないですか。

 

で、新たなスクープも出てて、それお答えになってないんですけど、だからそのような力を削がなきゃいけないっていうのは、当たり前の話です。

 

反省がない。

 

 

で、連座制というのも、やはりそれと同じことで、根本ずらしですね。

 

連座制っていうのは、結局、この根本ずらしっていうのは、会計責任者に自民党の議員が罪をおっ被せたと、そういう話ですから。

 

会計責任者を議員本人がやればいい。

 

もうこれですべて解決するんです。

 

これ、今の法律変えなくても、もう明日にでもできるんですから。

 

私も会計責任者、自分自身でやってます。

 

自民党が問題を起こしたんですから、今すぐにでも、やったらいいんです。

 

連座制がー!」って、「緩い連座制がー!」じゃなくて、自分が会計責任者になったらいい。

 

 

与野党に問う 政治資金規正法改正は_政策活動費は】

 

政策活動費で先程も50億という例があったんですけど、2022年だけで茂木幹事長で約10億円と、もう、ちょっと意味がわからないですね。

 

公明党の方が、「他の党もやってたよな?」みたいな、そういう、「全員やかんな!」みたいな、そういう自民のアシスト、やめてもらっていいですか?

 

これ自民が問題にされているんですから、だから自民の問題なんですね。

 

で、これ廃止するしかないと思います。

 

政策活動費は、さらに自民党がごねているという状況ですね。

 

こういった偏ったエリートの男性がね、金権政治によって何度も何度も再選して、議員を続けられているってことがおかしいんで、

 

これ喜ぶのは、統一教会みたいな、統一教会しか喜ばないような、現実離れした結婚観とか、家族観とか、共同親権とかを国民に押し付ける結果になってるわけですし、

 

アメリカと財界の要求通りに、戦争ビジネスで儲けていこうみたいな、そういう、さもし(卑し)法制度を通している状況ですので、これを変える必要があります。

 

 

与野党に問う 政治資金規正法改正は_政治資金パーティーは】

 

自民の方が今、「国に首根っこを掴まれるような、お金の持ち方でいいのか」というふうに仰ってましたけど、もう、国を私物化しているのが自民党ですから。

 

先ほどの発言も衝撃を受けました。

 

「政策活動費、何十億円使ってる、これ言えないんだ」という内訳として、「台湾との外交もやってるから」っていうお話なんですけど、もうそんなん、やっちゃいけないんですよ。

 

自分の党のお金で、外交の見えないお金でやって、で、一方で先ほどスクープであるといったような、官房機密費で自民党の選挙の裏金を出すとかね、そういう、やっちゃいけないことを、堂々と今、白昼堂々と言っているという自覚は、していただきたいですね。

 

で、政治資金パーティーの話です。

 

やはりこれも、もう制約して行くべきですね。

 

禁止して行くべきだと考えます。

 

これは、与党だけではなく、自民党だけではなくて、大阪で与党の維新もそうです。

 

吉村知事が、万博・カジノの夢洲開発に関わる、大和ハウスからも、大金のパーティー券を購入してもらってますので、こういう金権政治をやめさせる、ということですね。

 

 

与野党に問う 政治資金規正法改正は_国会論議 どう臨む】

 

自戒を込めてもあるんですけど、やっぱり立憲野党の在り方が、問われていると思います。

 

今日の議論もそうですし、もう自民党の方々、政治資金規正法憲法踏みにじっていますのでね。

 

ルール無用なんですよ。

 

で、そこで、立憲野党がやれることは、やはり体を張る事です。

 

この2月でいっても、震災復興のお金とか、そして減税とか社会保険料を下げる、そういう予算を絶対勝ち取らなければならなかったですから。

 

だからもう、この裏金問題を盾にする、予算の自然成立阻止を盾にして、バリケード張って審議拒否してぐらいやるべきでした。

 

というのも、やっぱり国民にとっては、今が緊急事態ですから。

 

でも、野党第一党立憲民主党が徹底抗戦をしているかというと、今日もそうは思いませんよね。

 

去年、れいわはプラカードを掲げて処分されたんですけど、それに賛成されておられますし、先日、セキュリティクリアランス法にも、賛成してますよね。

 

 

 

武器輸出拡大とか、軍事ビジネスにも舵を切ってますので。

 

れいわ新選組は、国会の外でも消費税廃止のデモを続けていきますし、このままではダメだと、国民の皆さんに、一緒に立ち上がっていただきたいと呼びかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪・れいわ新選組 衆議院議員大石あきこ 日曜討論で資本家の犬をぶった切る!