きなこのブログ

大失業時代が到来しています。大失業の恐ろしさを歴史から学ばなければならない。『大失業は戦争への道につながっている』

立憲・枝野前代表が消費減税政策を強く否定

 

【ヤラセ&デタラメばかり】立憲・枝野前代表が「消費減税すれば日本の財政がパンクする」と強調し、国民から批判殺到!→なぜかマスコミ世論調査の立憲支持率が急上昇!
https://yuruneto.com/edano-hihan/

どんなにゅーす?

・立憲民主・枝野前代表がさいたま市内で講演を行ない、「消費税を単純に減税したら日本の財政がパンクする」などと強調した。

・枝野前代表は、以前(2022年11月)に消費減税を公約に掲げたことについて「政治的に間違いだったと反省している」と述べていた中、改めて減税路線を強く否定

 

ネット上で怒りの声が殺到している中、なぜかマスコミ世論調査で立憲支持率が急増する事態が発生している。

 


立民・枝野幸男前代表、消費税減税は「財政パンクする」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA252C30V20C24A5000000/


立憲民主党枝野幸男前代表は25日、さいたま市で講演し「消費税を単純に減税したら日本の財政はパンクする」と述べた。

円安が進む一方で金利が上昇する現状に懸念を示し「今減税するというのは絶対禁句で、少なくとも実質減税はあり得ない経済状況だ」と語った。
「財政を引き締めることはできないが、放漫財政にしないというメッセージを明確に発しないとハイパーインフレーションが起こりかねない」とも主張した。
~省略~

 


消費減税の訴え「間違いだった」 立憲・枝野氏、公約見直しに言及
https://www.asahi.com/articles/ASQCD777ZQCDUTFK00N.html

立憲民主党枝野幸男前代表は12日、さいたま市内で講演し、昨年10月の衆院選で当時代表として消費税率の引き下げを訴えたことについて「政治的に間違いだったと反省している」と述べた。立憲は今夏の参院選でも消費減税をかかげていたが、次期衆院選の選挙公約では「見直すべきだと思っている」との見解を示した。
枝野氏は、衆院選を振り返り、「敗軍の将として、あれ(消費減税を訴えたこと)が敗因の大きな一つだ」と述べた。
~省略~
また、枝野氏は「消費税減税で(選挙に)勝てるんだったら、とっくの昔に社民党政権ができている」と述べ、消費減税の訴えだけでは選挙での支持拡大にはつながらないとの見方を示した。
~省略~

 

 

 

 

 

再び枝野前代表が消費減税政策を強く否定!そして、「ゆ党化」が止まらない立憲民主のマスコミ支持率がなぜかここ最近急上昇中!

相変わらず枝野氏は全く成長しないし、全然ダメダメねっ!!


ネット上でも突っ込みと批判が殺到してるけど、これじゃあ自民党と大して変わりないじゃないのよっ!!

枝野氏は、2022年の衆院選で敗北した時も「消費税減税を言ったというのは間違いだったと、強く反省している。 二度と減税は言わない」などとのたまっていたけど、

 

 

改めて消費減税路線明確に強く否定した形だ。


上の朝日新聞には、22年当時の枝野氏の発言が詳しく出ているけど、枝野氏は「(消費減税は)政治的に間違いだったと反省している」と言っている上に、「敗軍の将として、あれ(消費減税を訴えたこと)が敗因の大きな一つだ」とも言っている。


これらの発言を総合すると、要するに、枝野氏は「消費減税を公約として掲げると、ジャパンハンドラーからの怒りを買い、選挙で無理やり敗北させられる」ことを悟ったということなのではないかな?

なぜかここ最近、マスコミ世論調査で立憲の支持率が急激に上昇しているのが気になるわっ。


実際のところ、立憲は国民の支持や期待が高まるようなことは正直何もやってないし、やってることは、以前に掲げていた消費減税を完全に封印して、自民党と一緒になって増税容認路線を進み始めたり、国会でもろくな存在感を示すこともなく、自民と一緒におままごとレベルの茶番劇を繰り返している状況だわ!

 

 


日本のマスコミの世論調査において、常に一貫しているのは、「国民にとって大きく不利益な売国政党の支持率ほど常に高く出される」という原則だ。


これまでは、自民党に続いて維新が高い支持率を維持していたけど、立憲が減税否定&増税容認路線を本格的に進み始めてきたことで(維新と入れ替わる形で)立憲の支持率が急激に上がってきている。

 

 

表向きには、「裏金問題の自民が沈み、その受け皿として立憲の支持が上がってきている」みたいなストーリーが作られているけど、ボクに言わせれば、全く不自然であり無理やり感がありありだ。

確かに、これまであんなにも低支持率にあえいでいた立憲が(大したことは何もやっていないのに)急に大きく伸びてきているのは、かなりのおかしさや違和感があるわ!


要するに、立憲が本格的に維新と同レベルの「ゆ党」と化して、自民らとともにグローバリズムを推進する準備が整ってきた(ジャパンハンドラーからお墨付きをもらった)ことで、先の衆院補選で全勝し、支持率が急上昇してきた可能性があるってことね!

今回の枝野氏の発言も、財務省やその上にいるご主人様へのアピール発言のようにもみえるし、どっちみち、「日本国民のための政治(まっとうな民主主義)」を実現させる道のりはまだまだ険しいってことだね。

 

 

0:53:45 [高井たかし]れいわ新選組 幹事長】

10:55 【必見!】高井幹事長が、れいわ中心の政権交代山本太郎総理誕生のシナリオを語る!!】

 

 

どちらにしても、コンゴやアルゼンチンよりも低レベルの日本のマスコミの世論調査をまともに信じること自体、あまりにもナンセンスで愚かしいことだし、まずは、この日本は1000%主権が存在していない真性的な植民地であるという現実を客観的に認識することが必要だね。

 

 

 

 

野党版「桜を見る会」

立憲民主党がれいわ新選組に圧力 2

立憲民主党の中に潜り込む統一教会

立憲民主党の中に潜り込む統一教会 2

与野党馴れ合い京都市長選 ~求められる立憲に代わる強力な野党~

政権交代に必要な立憲民主党の分化=分離

選挙が近づくと始まる立憲のヤッテル感

選挙が近づくと始まる立憲のヤッテル感 2

 

IMFが消費税増税を提言するカラクリ

貧困層に厳しく富裕層に優しい消費税 2 ~消費税は預り金ではない。~

消費税増税と「インボイス制度」でフリーランス・中小企業 即死 16 ~思い上がった自民党議員~

免税事業者の消費税を「益税」とか「税の着服」と思わせる巧妙な国の指導 2 ~れいわ記者会見~

「消費税は国民が払った預かり金だ」というファンタジー

カネで政策を買う癒着関係

【増税?ダメ♡絶対!デモ】れいわ新選組 石川県・金沢 2024年5月12日

 

 

現在、東京都は新たな観光資源を作るためとし、プロジェクションマッピング事業に莫大な予算を投じていますが、事業提案を行う実行委員会のトップと、事業を認可した都の職員が「同一人物」であることが判明し、物議を醸しています。